風水気学研究所(御堂龍児事務所)

風水とは、大地を流れる<気>を読み取り、コントロールする技術であり、自然と人間の調和を考える「共生の思想」なのです。

04月

二匹の龍

ooyama1

天気のよい日に、神奈川県の大山に行ってきました。

そびえる大山は富士からの龍脈に連なり、丹沢山塊の端にあります。

(写真の右端の少し尖った山です)

私は一時、広島の葦嶽山とか秋田の黒又山などのピラミッド伝説のある山を廻っていたことがあります。この大山も山容が円錐型でピラミッドだという人もいました。

ooyama2

大山にはケーブルカーで途中まで上がれます。終点には大山阿夫利神社下社があって、実はここはきれいな龍脈が入った場所で、写真では、二匹の龍が入っているのがわかります。

かつて二十数年前に黄奎光老師と訪れた時に、老師は龍には雄か雌があって、対で動いていて、必ず雌の方に龍穴を造ると離してくれました。

 

ここはまさに、頂上から走り来た雌の龍が止まったところに巣を造って広くなった場所となっています。これは専門的には明堂と呼びますが、この明堂が広ければ広いほど、強い龍だということになります。

右の写真のギリギリにある小山(少し黄色くなっている)が雄の龍脈です。

実に大地の気と少しサワサワとした感じの天の気を感じられる場所です。強い気の中にも優しい感じがするところが私は好きで、何度も訪れています。

しかしながら、頂上にある上社はすっかり登山客の休憩場所となっており、昔の神聖さは見られず残念な上、鹿の被害がひどく草木も枯れて、荒れている場所が多くあります。

昔の信仰の場の雰囲気を今に残している山もある中で、このようなかつての聖地が様変わりしているのは残念でなりません。電波等なども目立ちます。

登山が目的の方なら、山頂からは天気がよいと富士山が望めますので、それなりに楽しめるかもしれません。季節によってはヒルに注意です。

ooyama3

さて、気を取り直して、次の写真はこの山に入る龍脈の大元です。こんな細いところから変化して、走りきったところで、神社の後ろに止まって大地の気を吐いているのです。

 

 

ooyama4

頂上から下る途中で、先の阿夫利神社に入る龍脈が望めました    なんとも雄大な景色です。

 

 

 

ooyama5

さらには二重の滝という水のきれいな地に小さな社が建ち、清く清々しい気が漂っています。水神である八大龍王をお祀りしているようです。

とても雰囲気のよい滝でした。

スカイツリーをつつく鶏

久しぶりに浅草に来ました。asakusa1

浅草は浅草寺の観音様が、その霊的パワーが強くて私の好きな場所の一つです。

また、その他沢山の楽しみがあります。

近くには洋食屋の「大宮」や天ぷらの「まさる」など美味しい店があったり、刃物の店や、祭りや神具屋があったりして楽しめます。

今回は以前に風水鑑定したお店に、確認も兼ねてお邪魔しました。

店の座山は北から南向きの子山午向きです。

店の出入り口は当初、南西に開いていましたが、今年は南西に二黒土星という病符の星が入っています。本年は五黄中宮なので、二・五交会となり、売上げに響いてきます。

ここでは東南方からの動線と流れを取り入れて、星の悪い影響を解消できるよう、工夫してみました。asakusa3

東南方に出入り口を開き、看板の位置や旗の場所も合わせました。すると、人の流れが見えやすくなり、通りに流れている気が入りやすくなりました。この通りはもともと少し難しい場所で、なかなか人の流れを取り込むのが難しい場所でした。

イスも写真のように特注で、カーブをつけたものを配置しています。

しかし、これだけでは風水的に工夫が足りません。

東南の出入り口、東南は簡単に易理でいうと、「信用・人の往来・縁談・結婚・お知らせ・広める・風・・・」という意味がある方位です。

何か人に知らせる目印が欲しい、かつここから見えるスカイツリーは煞気となっているので、これを押さえる必要があります。

asakusa2私が学んだ香港の妙派風水では、こういう煞気を押さえるのに、風車をよく使いました。今回は、いろいろバランスを考えて、風見鶏を使います。にょきっと伸びた塔を突っつくという意味がありますし、人にお知らせするものだからです。お知らせは東南の意味であり、お客さんにこのお店を広めてくれるようにです。

 

その後、売上げが伸びたと嬉しい報告がありました。

春の高麗

  koma3

先日、晴れた日に埼玉県日高市の日和田山に行ってきました。この辺りは低い龍脈がうねっていて面白そうなので、土地探しも兼ねて出かけました。

東京の方では桜はもう終わっていましたが、こちらの方ではソメイヨシノは大分散って葉桜となっていましたが、八重桜や山桜の一部はまだ楽しめました。

今回は、清流という地名の場所を重点的に巡ってみましたが、何気ない里山の景色の中できれいな花が咲いている場所を見かけると、なんとその場所が龍穴に重なっていました。

koma1

龍穴は坂が少し平らになった場所なので、畑としやすいのです。

今回はいくつかの龍穴とパワースポットは見つけましたが、全部、柵がしてあって中には入れずちょっと残念でした。勝手に入り込んで山菜等を採る心無い人もいるようで、立ち入り禁止の柵が所々にあります。

入れなかったけれど、こんなに沢山の花を楽しめたので少しですが皆さんも写真でお楽しみください。

4月なのに石楠花も開花していて不思議な場所でした。

 koma4koma2

整体院の風水鑑定

以前に風水鑑定の依頼をいただいた整体の先生より、引越しをしたので今回もお願いしたいとのことで、依頼を受けました。ご本人の許可を得ましたので、ご紹介させていただきます。

本当は、引っ越す前に場所の相談を頂ければ、風水的に良い物件探しから行えたのですが、今回は先方のご事情で引越後にご連絡をいただき、現状を風水で改善するということになりました。

この施術室の入り口ドアのまん前は、共同トイレとなっており、こちらの先生はそれを気にして、以前はドアを開けてすぐのところに衝立をして、お客様はその衝立を避けて右の方に回ってから中に入るという形になっていました。この方法だと、確かにトイレと玄関の向かい合わせ(一般的に風水ではよくない)を避けられるようですが、入り口が狭くなってしまい、肝心の気が入りにくくなってしまうという大きな欠点を伴っCIMG1326ていました。

そこで私は、まず、施術室の入り口を広く取り、右(上)の写真でわかるように、ドアを開けてまっすぐ前に進んでから中に上がるようにしました。入り口脇のグリーンはトイレからの悪い気を転化させるために配置しました。

 

 

CIMG1324

また右(中)の写真のように、施術室の奥に衝立を儲けてその前に丸テーブルを置き、気が巡りやすいようにしました。

テーブルに飾った蘭の花は葉が剣を表し、花が福を呼び込むという縁起も担いで配置し、この場によい気がめぐりやすいようにサポートしています。

来院されたお客様を出迎える、この場の「顔」としてもとてもいい感じです。

CIMG1327

生命力を上げるという意味のある開運竹(ミリオンバンブー)を風水ではとても重要な座山(部屋の背中側)に飾ります。これは座山の意味を強め、運気を上げていきます。

その場所によって、効果の大小はありますが、このように気の流れを整え、ちょっとした配置を行なうことで、風水効果を上げることが出来ます。

今回はどんな効果が現れてくるか、私も楽しみです。