風水気学研究所(御堂龍児事務所)

風水とは、大地を流れる<気>を読み取り、コントロールする技術であり、自然と人間の調和を考える「共生の思想」なのです。

風水の巨匠、黄奎光老師逝く

風水の巨匠、黄奎光老師逝く

89-1

私の長年の師匠だった黄奎光老師がお亡くなりになりました。10月5日に永眠されました。享年93歳でした。
先週の23日にお葬式があり、台湾に行っておりました。
台湾ではなくなってから2週間ほど、納棺したまま個人の死を哀悼します。その為、日本人の感覚では葬儀が遅いような気がしますが、台湾では普通のことです。

思い起こせば、老師とは25~6年のお付き合いでありました。
老師にはかつて300人あまりのお弟子さんがいて、毎週土曜日の夜に講義をされていました。
老師は八客(ハッカ)語のなまりのある台湾語で話をされるので、当時、私にとってはほとんど聞き取れず大変な思いをしました。
その頃は、話を聞くというよりも、友人を作りに参加していたようなものです。
はじめは私のことなど気にも掛けていない様子でしたが、頑張って1年通いきった頃から、私にも話しかけてくれるようになりました。実は黄老師は片言の日本語を話せたのです。
それまでは、私の様子を伺っておられたのでしょう。
ま た、その後、いろいろと親しくさせていただき、日本に来られた時には、「ウメアメはもう終わったのか?」と私に尋ねるので、何のことだろう??と思いなが らも、あっ!「梅雨」(つゆ)のことかと分かり、ええ、もう過ぎましたね、と答えたことを思い出したり、当時日本に留学していたお孫さんを連れて、一緒に 遊びに出かけたことなど、風水の勉強でお世話になった以外にも、プライベートなお付き合いも長かったなぁと、いろいろと思い出しました。

老師は10年以上も病床に伏しておられましたが、古い兄弟子達は皆揃い、昔のお弟子さんの数からすると少ない感じはありましたが、皆で黄老師の思い出話に花を咲かせました。
最後は、ここに集まった兄弟弟子と老師の残してくれた『山川哲学研究委員会』をしっかりと維持して風水を伝えていこう、それが老師への花向けだということで、老師の死を悼みました。
写真の兄弟子は李さんといって老師に50年もついていた強者です。

黄老師、安らかにお眠りください・・・

« »