風水気学研究所(御堂龍児事務所)

風水とは、大地を流れる<気>を読み取り、コントロールする技術であり、自然と人間の調和を考える「共生の思想」なのです。

開眼式

開眼式

21日に、再び北海道に行ってきました。

6月から携わっていたお墓が完成したので、その開眼供養にお伺いしIMG_4876-1ました。

前にもブログで報告しましたが、本当に綺麗な場所です。私の30年の経験の中でも、上位に入る良い場所で、龍穴砂水と全ての条件がそろった場所です。

この場所は、写真に見るように、遠くの半島の山頂、正確には貪狼星といいますが、山頂に向いた土地なのです。山や川は不思議なものでこちらのオスの龍と、向こうのメスの龍が向かい合うように出来上がっているのです。

 

しかし、いくら良い場所でも最後の仕上げがうまくできないと、龍の画を描いて眼を入れないようなものです。今回は、その開眼の作法をお手伝いさせていただきました。 吉日を、選ぶと参加者が多かろうが少なかろうと、天気は間違いなく晴れるから不思議です。     お墓の座山は丑山です。去水は丙から出ていました。すなわち合局して、廉貞星なり、古きを破り、新しく発展の気を呼び込む方位となったのです!

IMG_4901-2

 

« »