風水気学研究所(御堂龍児事務所)

風水とは、大地を流れる<気>を読み取り、コントロールする技術であり、自然と人間の調和を考える「共生の思想」なのです。

御堂龍児のメッセージ

ブログ

風水鑑定 不思議編2

私の風水不思議編のブログを見た方から、早速、風水鑑定の依頼がありました。

とある地方のマンションにお住いの女性の方からの依頼です。

そこはキッチンの窓から電車の線路が見えます。その線路はくの字型にカーブしているのですが、強く反り返った部分がキッチンの窓から見える景色となっていました。専門的には反弓水路格と呼びます。

風水では玄関前や窓からこのような形の電車の軌道が見えたり、尖ったビルの角、携帯のアンテナ基地などの鋭角な建造物などが見えることを嫌います。このようなものは煞気という悪いエネルギーを発するからです。

この時にさらにこの悪いエネルギーと同調する方位に、例えば貯水槽、汚れた池、墓所、古い祠、石塔などがある時、霊界からの道のようなものが繋がってしまう場合があります。

ご依頼のあったマンションの部屋は、先の線路が西北に見えるのも問題ですが、もう一つ気になることがありました。

それは、鑑定に訪れた時ふとマンションの脇に目をやると、違和感のある古い塚があったことです。

この部屋からだと、北東側になります。

・・・これは困ったな、と直感で感じました。

さて、詳しく風水を看てみると、マンションが完成し入居した時に、電車の線路が見える北西側に流年で五黄が廻ってきており、古い塚のある北東側には七赤金星が廻っていました。

このような場合、線路の煞気が古い塚の方位と繋がり、霊的に良くないエネルギーが家に入り込んでくるケースが時にあるものです。

そこで私は依頼人の方に、慎重に確認してみました。

「この北側の寝室で何か物音がしたりとか、そういったことはありませんか」

すると、依頼人の方は驚いて、「やっぱりそうですか!」と言われました。

北側の寝室を見た時に、ただならぬ陰気な感じを受けましたから予想はしていましたが、入居時に北側には流年で九紫火星が廻っており、塚のある場所七赤と九紫が火尅金の関係(専門的には交戦といいます)。そのような場では、陰の星が全部尅し合い、北の方位に悪い気が集まることとなるのです。結果、霊的な現象が起こってしまうと判断しました。

一番の原因は、このマンションが新築され入居した時期が悪かったこと(新築ですから、他の階の方も同時期に入居している人が多い)、周りの煞気と塚、間取りの関係が変に一致してしまったことでしょう。

実は、そのマンションでは他にも同じ面の階下の人が、何度も怖い顔のおじいさんの幽霊を見たとかで、引越しされたそうです。

また、ある部屋では、お子さんが何もないのに指をさして、おじいさんがいる、と話していたそうです。

その方から困った様子で、どうすればいいでしょうか?と問われました。

方法は二つです。

一つはそこの古い塚を供養すること、もう一つは、引越しすることです、とお話ししました。

実際、供養はいろんな意味でまず難しいでしょうから、その方は引越しをすることに決めました。

引越しするまでの間は、北の寝室を24時間点灯すること、換気をよくすること、西側の窓を開けて換気することを伝えました。

残念ながら電車の線路といい、この塚といい、動かせない部分が多すぎるため、風水的にこの場を改善するには限界があります。

逃げるが勝ちという言葉もありますが、残念ながらこのケースでは、この場から少しでも早く立ち去ることが今後の運を上げる方法となりました。

*内容の一部は、プライバシー保護のため変えてありますことをご了承ください。

 

 

御堂龍児 新刊のお知らせ

風水気学研究所からのお知らせです。

IMG_4887本日、11月25日(火)御堂龍児の新刊「四柱推命大鑑」が発売されました。

本書では用神(ようじん)を取れるようになることを一つの目標としています。用神というのはその人にとっての福禄寿である、幸せな生活や才能、財運、仕事、結婚などを表し、それはその人の生年月日、出生時間を八つの干支に置き換えて五行のエネルギーのバランスから読み取って判断します。

そしてその用神は10年ごとの運の中でも巡ってきますから、運に乗れる時期や注意する時期を判断して自分の運のタイミングを知るのにも役立ちます。

様々な分野の著名人を例題に、初心者の方にもわかりやすく、プロ級の方にとっても新たな判断法の指南書となる1冊です!

出版を記念して、新規講座も開講いたします。ご興味のある方はHPのセミナーのカテゴリーをご覧ください。

以上、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

風水鑑定鑑定 不思議編1

風水の仕事を始めてから随分経ちましたが、その間、いろんな経験をしてきました。
しばらくはそんな話を紹介していきます。
私の風水鑑定は基本的にクライアントさんの自宅まで伺い、その地形や気を看ながら鑑定していきます。
図面だけですと読み取れる情報が限られてきますし、記載されている方位自体が間違えていることも多いからです。

さて、数年前の話。
静岡県のとある町の女性の方に呼ばれ鑑定に伺った時のこと、ご主人が亡くなってから、お仏壇のことが気になるので看てもらいたいとの依頼でした。

風水ではお仏壇や神棚は大事に考えます。
どこにどう配置するか、形や方位を看ていき判断しますが、これは風水の基本中の基本です。
私の講義でもまず、お仏壇や神棚の配置は大事だと教えています。

神棚をただ南だからといって、トイレの前の壁や、エアコンの風があたる前方に配置している人がいますが、南向きが基本であっても、実際に南にこだわって配置してしまうと、逆にマイナスとなり良くない場合も多くあります。
神棚はあくまで清浄な場所で、そして外から入ってくる気の流れを受けられるようにお祀りすることが大事です。
お仏壇はご先祖様を安心してご供養できるように、家の中の静かで安定した場所にお祀りします。
さて静岡のお宅は少し郊外の畑が広がっている田舎町にある、檜造りの立派な風格の家でした。
なかなか立派な建物で、外から見ただけでは風水的に大きな問題があるようには思えませんでした。

そして、鑑定を始めてみると、まず玄関ドアの方位が空亡になっていました。
空亡とは方位のちょうど境目のことで、例えばちょうど東と東南の境目にあり方位がどちらでもない、というような場合をいいます。空っぽという意味となり、良い気が取り込めませんから、こういう場合は玄関を造りかえるしかない、対処法が難しいケースです。

空亡の家は「空」というだけに、見えない世界とも繋がりやすく、ひどい場合には物音がしたり何か見えたりした、などという方もおられます。
しかも悪いことにこの空亡の玄関を入った正面に大きな姿見のミラーが置いてありました。風水では玄関の正面にミラーを置くことは大きなマイナスですが、しかもこの家の場合は空亡の悪いエネルギーを広げてしまう、見えない世界との出口となる配置でした。

次にお仏壇を看ます。
お仏壇を看た時、さすがに声には出しませんでしたが、「何だこのお仏壇は!!」と驚いてしまいました。
お仏壇ではなく、物置と化していて空箱や古い埃のついたお供えもの、たくさんの書類で埋め尽くされていました。

大きな家なので、仏間がちゃんとあるのですが、その周りの空間に沢山の物を置いているのです。
しかも数年間一回も掃除をしていないような雰囲気が漂っていて、かなりマズイ状態でした。
お仏壇は家の根のようなものですから、そこがしっかりと整い安定して、きちんと供養していると、その家は守られ繁栄するよう導かれるものですが、ここまでひどいと逆に、ご先祖様が助けを求めているようでした。
これでは子孫の力が吸い取られてしまいます。

以上のことを看た時点で、確認してみることにしました。
「夜に、屋根の上か天井裏で何か物音などしませんか?」
すると、こちらの奥様が、
「毎日9時ごろに鳥が屋根の上でドンドンやっていますが、他には特にありません」という返事です。
普通、鳥は夜にやってきて屋根をドンドンと物音をたてることはないですね、しかもドンドンというもの音を立てるっていうことは、かなり巨大な鳥が毎日来るということで・・・
私は、あえて霊界云々のことは言わず、それはあまりよくないですね、とだけお話ししました。わざわざ怖がらせるのも良くないですから、その辺はいくら空気が読めない私でも、気を使います。

結局、できる範囲のアドバイスをして、とにかくお仏壇をきれいに片づけて掃除をすること、中も外も清潔に、そして毎朝、温かいお茶とご飯をお供えして、お線香を上げてお参りしてください、と伝えました。
玄関正面のミラーも取り外し、玄関周りもきれいに掃除をして生花を飾るようにアドバイスしました。
玄関の移動は実際、難しいので邪気を入り込ませないように時々邪気除けのお香(私が調合しているお香です)も焚くように言いました。

それから1か月半ほどして先の奥様から連絡が入りました。
夜にうるさかった物音がなくなり、時々不安そうな表情で夢に出てきた亡きご主人が夢に出なくなったというお礼の電話でした。

御堂龍兒・地理風水初級コース開催のご案内

御堂龍兒 地理風水・初級コース開講のお知らせ

 

本格的な風水を学びながら、実際にパワースポットも巡る風水初級コースの開講です。

専門的な講義はもとより、三回に一回は11-1実際に風水の良いパワースポットを訪れて、本格的な地理風水の理論と感覚、そして醍醐味を味わっていただきます。

関東近郊の寺社を巡り、古くから日本に伝わっていた風水を看たり、実際に山の龍脈を追いかけたりもします。

実際に良い場所に行き、その気のパワーを体感するのも面白いものです。

さらに悪いものを避ける方法、殺気の看方、風水の悪い家の改善方法なども初級から詳しく学んでいきます。

約一年で本格的な地理風水の基本を学ぶ講座です。

陽宅、陰宅の風水の理論だけでなく、パワースポットを廻りながら、山の気と自然の息を感じて、鑑定に役立てます。

気は形に従って流れるという原理を修得しましょう!

当会では、初級、中級、上級と進み、三年で家や住まいの風水を看れる、鑑定士になることを目標にしています。

☆当会では年に1回風水の生徒さんを対象に、台湾の聖地を巡ったり、不思議な場所を訪れたりしています。

 

☯お試しコース開催

風水講義を希望している方の為に、お試しコースを開催いたします。

11月22日 (土)13時00分~14時45分   参加費:6.000円  

当会の風水は実際にはどう使うのか、四神相応の原理は本に紹介してあるけれど、本当に使えるのか?龍脈にはどんな力があるのか? 簡単な図面と、参加者の家の図面を見ながら説明していきます。

参加者の皆さんの家の図面も見ていきますのでコピーを二枚お持ちください。但し、ワンポイントアドバイスとなります。

参加ご希望の方は必ずご予約くださいますようお願い致します。締め切りは11月14日(金曜)です。定員になり次第締め切らせていただきます(参加費は当日ご持参ください)。

 

☯初級コース内容

日 程(2014年~2015年第1回     ◎風水の概要と基本的な家の見方

    12月 6日(土曜)13時00分から15時00分・・・・講 義

第2回  ◎風水の基本は四神相応   現場(富士山と繋がる大地のパワースポットを巡ります)

    12月20日(土曜)8時30分 から18時頃まで・・・   新宿レンタカー前集合

     *待ち合わせ場所は追ってご連絡させていただきます。

第3回   ◎さまざまな家の図面をもとに風水の基本的な判断法を学びます

    2015年1月17日(土曜)13時00分から15時00分・・・・講 義

 

* 風水初級コース(約1年間)にお申込みの方は風水気学研究所までご連絡ください。

入会金・・・10,500円       講義代・・・47,500円( 現場を含む2ヶ月分の講義料 )

*  その他、現場の場合には4,000円のレンタカー代がかかります。

初回お手続き金額・・・58,000円(消費税込み)+4,000円62,000円

 

お手続き先; 三井住友銀行新宿西口支店  普通口座 8878320       

(有)ライト・アンド・ハート

 

游遊堂からのご案内

この度、御堂の竹鞭健康法の師匠、任老師の一番弟子である錦雄先生が来日されることになりました。

竹鞭健康法とは中国は河南省少林寺に伝えられた気功法の一種で、その人の気の流れを看て竹の鞭(長い棒)で身体の気の流れが滞ったところを叩き、気の流れを調整していくものです。

気を看ることでその方の精神状態や、身体の疲れている部分や滞っている場所をスムーズにしていく健康法ということをご了承の上、ご興味のある方は游遊堂まで問い合わせください。

日時 平成24年10月31日~11月4日(予約制)

料金 1回 7,000円

*詳しくはご予約の際に詳細をお伝えいたします。

*定員になり次第締め切りとさせていただきます。

以上、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

開眼式

21日に、再び北海道に行ってきました。

6月から携わっていたお墓が完成したので、その開眼供養にお伺いしIMG_4876-1ました。

前にもブログで報告しましたが、本当に綺麗な場所です。私の30年の経験の中でも、上位に入る良い場所で、龍穴砂水と全ての条件がそろった場所です。

この場所は、写真に見るように、遠くの半島の山頂、正確には貪狼星といいますが、山頂に向いた土地なのです。山や川は不思議なものでこちらのオスの龍と、向こうのメスの龍が向かい合うように出来上がっているのです。

 

しかし、いくら良い場所でも最後の仕上げがうまくできないと、龍の画を描いて眼を入れないようなものです。今回は、その開眼の作法をお手伝いさせていただきました。 吉日を、選ぶと参加者が多かろうが少なかろうと、天気は間違いなく晴れるから不思議です。     お墓の座山は丑山です。去水は丙から出ていました。すなわち合局して、廉貞星なり、古きを破り、新しく発展の気を呼び込む方位となったのです!

IMG_4901-2

 

風水気学研究所から新規風水講座開講のご案内です

御堂龍児 地理風水・初級コース開講のお知らせ

 

本格的な風水を学びながら、実際にパワースポットも巡る風水初級コースの開講です。

講義の三回に一回はパワースポットに行き、本当の地理風水の理論と感覚、そして醍醐味を味わっていただきます。風水のいい場所を廻ったり、群馬や日光のお寺に行ったりして、古くから日本に伝わっていた風水なども見ましょう。いい気にふれて元気とパワーをいただけます。

さらに悪いものを避ける方法、殺気の看方、風水の悪い家の改善方法なども初級から詳しく学んでいきます。約一年で本格的な地理風水の基本を全て学ぶ講座です。

陽宅、陰宅の風水の理論だけでなく、パワースポットを廻りながら、山の気と自然の息を感じて、鑑定に役立てます。気は形に従って流れるという原理を修得しましょう。

当会では、初級、中級、上級と進み、三年で家や住まいの風水を看れる、鑑定士になることを目標にしています!

お試しコースを開催します!

11月22日 (土)13時00分~14時45分   参加費:6,000円  

当会の風水は実際にはどう使うのか、四神相応の原理は本に紹介してあるけれど、本当に使えるのか?龍脈にはどんな力があるのか? 簡単な図面と、参加者の家の図面を見ながら説明していきます。

参加者の皆さんの家の図面も見ていきますのでコピーを二枚お持ちください。但し、ワンポイントアドバイスとなります。

参加ご希望の方は必ずご予約くださいますようお願い致します。締め切りは11月14日(金曜)です。定員になり次第締め切らせていただきます(参加費は当日ご持参ください)。

 

日 程(2014年~2015年

第1回     ◎風水の概要と基本的な家の見方

     12月 6日(土曜)13時00分から15時00分・・・・講 義

第2回  ◎風水の基本は四神相応・・・・現場(富士山と繋がる大地のパワースポットを巡ります)

     12月20日(土曜)8時30分 から18時頃まで・・・   新宿レンタカー前集合

     *待ち合わせ場所は追ってご連絡させていただきます。

第3回   ◎さまざまな家の図面をもとに風水の基本的な判断法を学びます

  2015年1月17日(土曜)13時00分から15時00分・・・・講 義

* 風水初級コース(約1年間)にお申込みの方は風水気学研究所までご連絡ください。

    入会金・・・10,500円       講義代・・・47,500円( 現場を含む2ヶ月分の講義料 )

*  その他、現場の場合には4,000円のレンタカー代がかかります。

初回お手続き金額・・・58,000円(消費税込み)+4,000円62,000円

 

お手続き先; 三井住友銀行新宿西口支店  普通口座 8878320       

(有)ライト・アンド・ハート

 

台湾のおいしい豆花

さて、前回に続き台湾不思議旅の下見に行った話をしましょう。

こう見えて私はサービス精神旺盛なので、一緒に行く生徒さん達に楽しんで貰えるように美味しい場所を見つけておくのも大事な仕事です。

最近では、特に女性の生徒さんが増えたので、この辺りは手が抜けません。ある意味尋龍点穴より難しいかもしれません。

去年は、小籠包の美味しい店を見つけるために、六軒ほど廻ったら、私がもう小籠包が見るのも嫌になって、案内しなかったので参加者からえらくお叱りを受けてしまいました。

今年は、スイーツをメインにいくつか廻りました。古早味豆花とか国父記念館の騒豆花とか、結局、6軒ほど廻りました。昔の永康街の有名なマンゴーアイスは、マンゴーが丸々一個入っていたのに、最近はマンゴーが少ししか入っていないのが残念です。

 

 

結局、今回のお勧めは、写真の店の豆花(トウフゥワ)です。この豆花には二種類あって、伝統的な味の白と店主の工夫した黄色の物があります。写真の物は白の豆花で、小豆のトッピングは、黄色の豆花です。

豆花

見た目はあまり良くありませんが、一番ですね!あっさりした甘みで、けっこう上品な味です。味見のためとはいえ、二つも食べてしまいました。私的には、黄色の豆花が好きですね。

*下の写真ではわかりにくいですが、黄色みのかかった豆花に小豆がのっているのが私が気に入った豆花です。

豆花2

しかし、ここは今回のコースには入らないので、参加される方は、来年の楽しみにして下さい〜!

台湾の野生竜眼

今、台湾です。

9月の26日から、また生徒さん達と台湾不思議旅行に行くので、そのコースの調整と食事処の下見に来ました。
今回は、台湾の南部の方を廻ります。
關仔嶺と中壇元帥の廟がメインコースです。本来は、古都台南に行く予定でしたが、五年ほど前にお世話になった中壇元帥の廟に寄らせて頂くことになり、急ぎコース変更です。
tw1
写真は、關仔嶺の碧雲寺です。龍脈がまだ走り止まらない高い場所にあります。山の崖のような場所にできる壁上掛灯(へきじょうかとう)という龍穴です。壁上掛灯では、龍脈がまだ走り止まっていないので、左右の砂(さ)もこの地を囲んでいないのが特長です。
下の写真を見て下さい。
tw2
続いて龍脈を追いかけると、ぜんぜん人家のない所に出ました。すると、タクシーの運転手はいきなり車を止めて坂を登り出しました。
野生の竜眼があるから、取って食べようと言っています。
野生と人が植えたものとどう違うんだ、と聞くと人が管理しているものは、等間隔に植えているし、もっと木の高さが低いそうです。
と、聞いて私も運転手と一緒に木からむしり取り、頂きました。
大自然のものは、普通の竜眼よりも、大きくて美味いのでした!
tw3

北海道で避暑?

墓所1日曜日に、北海道に行って来ました。
天気も良く、涼しく気持ちが良かったですよ。
いえ、遊びではなく、仕事でした。お墓探しです。

北海道には時々、家宅風水鑑定の仕事で来ますが、墓所を探すのは初めての依頼です。
好い所がみつかるか不安でしたが、写真のようにかなりの好い所が見つかりました。
ズバリ龍脈の上です。後ろの玄武に丘、前の朱雀には海が少しだけ見える最高の地です。
しかも海の向こうには、島が巻き込んで来て案山となっています。この案山の尖った部分が正面に入ります。この形は権威、地位が上がる、上司の引き立てという意味になります。先に少しだけ見える海の水は財運を示します(この水が見えすぎるのは財運の浮き沈みを示すので少し見えるのが良いです)。
地理風水では、水は財運を意味し、山は仕事運を意味します。それらが綺麗な形で入っている場所を探すのが私の仕事です。

とりあえずこの場所の価格などを、霊園事務所に確認に行きましょう。

 

墓所2

› more