風水気学研究所(御堂龍児事務所)

風水とは、大地を流れる<気>を読み取り、コントロールする技術であり、自然と人間の調和を考える「共生の思想」なのです。

ブログ

久しぶりのブログです。

長い間ブログをお休みしてしまい、すみませんでした。
いろんな方から問い合わせを受け、活動を休止しているのですかとか色々聞かれましたが、実は、少し自分自身のための時間をとって、これまでに看て来た場所の整理と、11月に国書刊行会から出版する四柱推命の本の原稿を書いていました。
今まで様々な場所で撮った風水関係の写真をひっくり返してみると、デジカメがなかった時代の紙プリントのものだけで2,000枚くらいあります。デジタル写真も大量にあるので、整理していてちょっと嫌になってきました。
しかし、今ではもう行けない…、入いって行けない場所の写真もあるので貴重です。風水の講義ではこれらの写真を公開していこうと思います。もちろん可能な限りブログでもお見せしていきますので、楽しみにしていてください!ちなみに、一番下の写真は中国、武当山の大龍穴の写真です。

写真いろいろ

中国武当山1

長野県東御市(とうみし)のワイナリー

久しぶりにアップします。
先日、弟子のみよのの案内で、少人数で長野に行ってきました。長野は東御の山の中です。

東御は割りと広いエリアで、その中には龍穴も点在しています。みよのの調べによると、今はもうないですが、その昔、山の中に寺が建てられ聖地のような場所もあったそうです。確かにそのエリアに行くと、伸びた龍脈の先に龍穴がありました。

さて、美味しいお酒をご馳走しますと言われ、ついて行った先には、ワイナリーがあり、この季節にまだ花が咲いていて、近景の花壇と風水でいう案山の中景、そして遠景の山々が計算されたように、組みあっていたのには驚きました。写真1
その場所には龍穴こそありませんでしたが、ワインをいただきながら、自然の風の中でゆっくりできたのは、大収穫でした!写真2
ヴァラデストガーデンファームアンドワイナリーです。
来春は風水の生徒さんたちも案内する予定です。お楽しみに!

              写真3

関落陰の会のご案内

游遊堂からのお知らせです。

9月の下記日程で関落陰の会を行なうこととなりました。

参加ご希望の方はお手数ですが、メールかお電話にてご予約をお願い致します。

定員15名です。

皆様のご参加をお待ちしております。

◆◇◆日程◆◇◆

 平成25年9月22日(日)   13:30~15:00

参加費   3,500円

・関落陰は、ご自身で直接体験されるもので、「神示相談」ではありませんのでご注意ください。

☆注意事項☆

*  妊娠中や産後間もない方、または生理中の方は参加できませんのでご注意ください。

*心臓病や高血圧など健康面で問題のある方、及び60歳以上の方は直接参加できません。

* 写真撮影や録音などはお断りしております。

以上、宜しくお願い致します。

 

関落陰の会のご案内

今月6月29日(土)13:30~15:15関落陰の会を行ないます(一般参加費3500円)。参加希望の方はご予約の上お越しください。

関落陰とは修行していなくても、誰でも気軽に参加できる中国に伝わる道術です。

今回はその関落陰をご自身で体験できます。

(個別の神示相談ではございませんのでご了承ください)

「魂の家」・・・自分のスピリチュアルな世界にある家をみてその人の運を改運していきます。

「生命の木」・・・自分の健康状態、赤ちゃんのことなどを看ます。

主に、このようなものを看に行くというものです。

関落陰の方法は、まず参加する皆さんはお札の入った鉢巻で目隠しをしていただきます。そして、私が唱える中国語のお経に耳を傾けていただくだけです。意識はそのままですし、ご参加の方は皆さん一緒に行ないますから危険なことや不安なことはありません。

*私のブログで「関落陰in台湾」の中の写真をご覧ください。こんなイメージで行ないます。

関落陰の特徴は基本的に道士の導きのもと、誰でも気軽に参加できて向こうの世界を垣間見るチャンスがあるということです。誰でも参加した方が全て見えるというわけではありませんが、なかなか入れない方でも、光の渦が見えてきたり、山々や風景など目の前に広がってくることは多くあります。そういうものが見えてきたらこちらでお経の内容を変えていき、誘導していきます。そして、その誘導が成功すると向こうの世界からの使者(タオのマスター)が来られて、魂の家に案内してもらい状態を見ていきます。

●ご自身で体験する関落陰で入りやすい人の特徴

・ヨガや気功、瞑想などを日ごろから行っている人

・緊張しないでリラックスできる人

・もともと見えやすい体質である

*仕事で疲れていたり、前日お酒を飲みすぎたりすると見えにくいです。また妊娠中の方、生理中の方は参加できません。

 

魂の家の看法の一例

〇運気がよく力のある方の家

・太陽が降り注ぎ、堂々とした家が建っている。庭も手入れされていたり、門構えも立派である。もし小さい家でも、きれいでバランスがよい家であったり、小高い丘の上に建っていて、庭先に花が咲いていたりする(全体運が良い)

・庭に大きな木がある、家の後ろに形のよい山が見える(先祖の守りが強い、人に支えられているなど)

・玄関や窓のバランスがよく、玄関を入ると明るくリビングが広い、ソファーや暖炉があり絵がかけられている(人が集まり、受け入れる部屋→家族仲が良い、人徳があり、人とのいい縁がある、ビジネスで成功している)

・書斎は広く明るい、安定感のある大きな机、本棚がある(仕事運が良い、試験に合格、昇進、研究の成果が出るなど)

・キッチンが明るくきれいで、水がめや米びつが大きく、ひび割れや欠けがない。米も水も沢山入っている(財運に恵まれている)

・神棚や仏壇があり灯明が灯っている(神仏の加護、先祖の守りがある、神縁がある)

・・・とこのように見て行きます。

●運気が低迷してうまくいかない人の家

・家が壊れている、空がどんより曇っている、雑草だらけの庭、庭がぬかるんでいる、崖地や荒地に建つ家(全体運が悪い家)

・窓が極端に少ない、玄関がどこにあるかわからない、島にぽつんとある家、ソファーや暖炉など人が集う場所が無く、リビングががらんとしている(人付き合いが苦手、孤立している)

・玄関を入ると真っ暗であったり、家の中全体が暗い家(低迷、停滞)

・書斎の机の脚が折れている、机ががたがたしている、暗い、本棚が無い(仕事面、勉強面でうまくいかない)

・キッチンの中が暗く、水漏れしていたり、米びつに米が無い、お勝手口が空いている、壁が壊れている(お金の問題、浪費、詐欺などでお金を失う暗示など)

・・・という風に、家のそれぞれの場所の状態を見て判断していきます。

このようにして、自分の魂の家を見ながら、指導神からアドバイスを頂き、改善方法をお伺いします。最後には魂の家の力を入れていただき、悪いところを直していただきます。

風水が目に見える環境を整える方法とすれば、関落陰はその人の内面を知って、内面環境を整えることで内側から運気を上げていく方法といえるでしょう。

今回1月にはご自身で体験して頂く関落陰を行ないます。なかなか自分で入れないという方には、年に数回、神示相談会として変わりに入れる人に参入してもらい、改善していくという方法を行いますので、そちらで相談することができます(次回は秋頃に開催予定です)

台湾のお茶を飲みながら、楽しく行なっておりますので、お気軽にご参加ください。お待ちしております。お申込みはお電話かメールでお願いいたします。

 

池口恵観法主と朝鮮総連ビルの取得断念を看る

今日は久しぶりに四柱推命の話をしてみようと思います。

先日の四柱推命の授業では、最近話題の池口恵観法主を取り上げました。

朝鮮総連のビルを落札したけれども、資金調達がうまく行かず購入を断念した、

というニュースは皆さんもご存知でしょう。

池口恵観法主の命式は次のとおりです(出生時間は不明)。

 

時 日 月 年

〇 辛 己 丙

〇 丑 亥 子

 

77 67  57 47  37  27  17  7

丁  丙  乙  甲  癸  壬  辛  庚

未  午  巳  辰  卯  寅  丑  子

 

日主の辛が、冬の亥月に生まれて気を洩らすので身弱です。

同時に、冬のとても寒い時期なので、金が凍って固くなっている状態です。

木と火を使うと、寒い中から凍った辛金は救われます。

なるほど、法主が「波切不動最福寺」を建立したのは1967年で丁未年となります。

つまり、年に丁の火がつく年です。「百万枚護摩行」を達成されたのは1989年で己巳年となります。やはり、巳の火がついています。

かつて、私は池口恵観法主の道場へ訪れたことがありますが、その時に見た護摩の炎の勢いには、もの凄いものがありました。もしかしたら用神が味方しているのか、あるいは火が用神のため、人を魅了するものがあるのか、という不動護摩でした。

有名人やVIPの信者さんが多いのも頷けます。

このように看ていくと、法主のここ暫くの運が数え年齢77歳の丁(火)未(土)となっており、火の運の中にあって順調に見えます。火の勢いがありますから、朝鮮総連のビルを買おうと決心して、しかも他社を抜いて高額な落札価格を出したのでしょう。

ところがその後、調達できるはずだった代金約45億円を調達できず、購入を断念することになり、競売保証金5億円は没収されてしまいました。

法主にとって、今は67歳丙午の大運から、数えの77歳の丁未の大運に変わっています。命式だけ看ると、法主にとっての用神である火の運なので吉運の時です。

では何が問題だったのでしょうか?

私の看方では、今年の干支である癸巳が和尚の月柱である己亥と天尅地冲になっているのが問題です。

天尅地冲には物事が止まるとかひっくり返るという意味があります。

加えて、今は大運の変わり目で丁未の運に入っています。

そうすると、大運の丁未と法主の命式中の辛丑が、これもまた天尅地冲となってしまいます。

大きな運に乗っているので、強く突き進んできた朝鮮総連のビルの落札の件も、最後にひっくり返されたという形になってしまいました。

さて、少々心配なのは、乙未年(2015年)がまた日主の辛丑と天尅地冲となることです。

法主の命式では、水が忌神となっています。地支の亥・子・丑と合しているところを冲して再び亥・子・丑という強力な水が動いてしまうからです。

そして、水の五行の病気は腎臓や前立腺、下半身の病気という意味があります。

そのような部分での体調不良が気になります。

精力的に活動されている法主ですが、2015年また2016年は少し体調を重視しながらの活動がよいように思います。

しかしながら、出生時間がわからない為、ある部分は推測になりますが、元々強い運を持っていて、大運にも乗っている方なので、今後も活躍されることでしょう。

5月のパワースポット

 渋沢丘陵は最近私が気に入っているパワースポットです。

4月には2回訪れていたのですが、5月も天気が良い日が続いているので再び訪れました。

さすがに菜の花はほとんど花を落としていましたが、それでも黄色のコントラストを添えてくれています。1-A

 写真では、菜の花畑の向こうに尖った山が二つ見えるでしょう。

右の尖った山は、前回登りました大山です。左の方は近く登る予定にしている三ノ塔です。

 このように左右対称の山があると、専門的には天乙、太乙と呼び、この山に向く龍穴があるのです。

今回は、この龍穴探しに来ました。実はこの畑自体が龍穴となり、上等のパワースポットとなっているのです。

実際、こんな天気の良い日に、アスファルトでない、大地の上を歩いていると、足元からじわじわと暖かい気が上がってくるのが感じられます。

2-A

景色もいいし、天気もいいし、空には鯉のぼりが泳いでいるし、幸せな気分です。

 

 

 

しかも、さらに特典があります。3-A

写真みたいに、富士山がどっかんと見えるのです。

何故か富士山を見ると得した気分になるのですねぇ。不思議なもんです。来週は風水の生徒さんを連れて、この場所を案内する予定ですが、天気に恵まれて、富士山が見えればいいなぁと思うのです。

雨男、雨女がいないように、と祈るばかりです!!

 

二匹の龍

ooyama1

天気のよい日に、神奈川県の大山に行ってきました。

そびえる大山は富士からの龍脈に連なり、丹沢山塊の端にあります。

(写真の右端の少し尖った山です)

私は一時、広島の葦嶽山とか秋田の黒又山などのピラミッド伝説のある山を廻っていたことがあります。この大山も山容が円錐型でピラミッドだという人もいました。

ooyama2

大山にはケーブルカーで途中まで上がれます。終点には大山阿夫利神社下社があって、実はここはきれいな龍脈が入った場所で、写真では、二匹の龍が入っているのがわかります。

かつて二十数年前に黄奎光老師と訪れた時に、老師は龍には雄か雌があって、対で動いていて、必ず雌の方に龍穴を造ると離してくれました。

 

ここはまさに、頂上から走り来た雌の龍が止まったところに巣を造って広くなった場所となっています。これは専門的には明堂と呼びますが、この明堂が広ければ広いほど、強い龍だということになります。

右の写真のギリギリにある小山(少し黄色くなっている)が雄の龍脈です。

実に大地の気と少しサワサワとした感じの天の気を感じられる場所です。強い気の中にも優しい感じがするところが私は好きで、何度も訪れています。

しかしながら、頂上にある上社はすっかり登山客の休憩場所となっており、昔の神聖さは見られず残念な上、鹿の被害がひどく草木も枯れて、荒れている場所が多くあります。

昔の信仰の場の雰囲気を今に残している山もある中で、このようなかつての聖地が様変わりしているのは残念でなりません。電波等なども目立ちます。

登山が目的の方なら、山頂からは天気がよいと富士山が望めますので、それなりに楽しめるかもしれません。季節によってはヒルに注意です。

ooyama3

さて、気を取り直して、次の写真はこの山に入る龍脈の大元です。こんな細いところから変化して、走りきったところで、神社の後ろに止まって大地の気を吐いているのです。

 

 

ooyama4

頂上から下る途中で、先の阿夫利神社に入る龍脈が望めました    なんとも雄大な景色です。

 

 

 

ooyama5

さらには二重の滝という水のきれいな地に小さな社が建ち、清く清々しい気が漂っています。水神である八大龍王をお祀りしているようです。

とても雰囲気のよい滝でした。

スカイツリーをつつく鶏

久しぶりに浅草に来ました。asakusa1

浅草は浅草寺の観音様が、その霊的パワーが強くて私の好きな場所の一つです。

また、その他沢山の楽しみがあります。

近くには洋食屋の「大宮」や天ぷらの「まさる」など美味しい店があったり、刃物の店や、祭りや神具屋があったりして楽しめます。

今回は以前に風水鑑定したお店に、確認も兼ねてお邪魔しました。

店の座山は北から南向きの子山午向きです。

店の出入り口は当初、南西に開いていましたが、今年は南西に二黒土星という病符の星が入っています。本年は五黄中宮なので、二・五交会となり、売上げに響いてきます。

ここでは東南方からの動線と流れを取り入れて、星の悪い影響を解消できるよう、工夫してみました。asakusa3

東南方に出入り口を開き、看板の位置や旗の場所も合わせました。すると、人の流れが見えやすくなり、通りに流れている気が入りやすくなりました。この通りはもともと少し難しい場所で、なかなか人の流れを取り込むのが難しい場所でした。

イスも写真のように特注で、カーブをつけたものを配置しています。

しかし、これだけでは風水的に工夫が足りません。

東南の出入り口、東南は簡単に易理でいうと、「信用・人の往来・縁談・結婚・お知らせ・広める・風・・・」という意味がある方位です。

何か人に知らせる目印が欲しい、かつここから見えるスカイツリーは煞気となっているので、これを押さえる必要があります。

asakusa2私が学んだ香港の妙派風水では、こういう煞気を押さえるのに、風車をよく使いました。今回は、いろいろバランスを考えて、風見鶏を使います。にょきっと伸びた塔を突っつくという意味がありますし、人にお知らせするものだからです。お知らせは東南の意味であり、お客さんにこのお店を広めてくれるようにです。

 

その後、売上げが伸びたと嬉しい報告がありました。

春の高麗

  koma3

先日、晴れた日に埼玉県日高市の日和田山に行ってきました。この辺りは低い龍脈がうねっていて面白そうなので、土地探しも兼ねて出かけました。

東京の方では桜はもう終わっていましたが、こちらの方ではソメイヨシノは大分散って葉桜となっていましたが、八重桜や山桜の一部はまだ楽しめました。

今回は、清流という地名の場所を重点的に巡ってみましたが、何気ない里山の景色の中できれいな花が咲いている場所を見かけると、なんとその場所が龍穴に重なっていました。

koma1

龍穴は坂が少し平らになった場所なので、畑としやすいのです。

今回はいくつかの龍穴とパワースポットは見つけましたが、全部、柵がしてあって中には入れずちょっと残念でした。勝手に入り込んで山菜等を採る心無い人もいるようで、立ち入り禁止の柵が所々にあります。

入れなかったけれど、こんなに沢山の花を楽しめたので少しですが皆さんも写真でお楽しみください。

4月なのに石楠花も開花していて不思議な場所でした。

 koma4koma2

整体院の風水鑑定

以前に風水鑑定の依頼をいただいた整体の先生より、引越しをしたので今回もお願いしたいとのことで、依頼を受けました。ご本人の許可を得ましたので、ご紹介させていただきます。

本当は、引っ越す前に場所の相談を頂ければ、風水的に良い物件探しから行えたのですが、今回は先方のご事情で引越後にご連絡をいただき、現状を風水で改善するということになりました。

この施術室の入り口ドアのまん前は、共同トイレとなっており、こちらの先生はそれを気にして、以前はドアを開けてすぐのところに衝立をして、お客様はその衝立を避けて右の方に回ってから中に入るという形になっていました。この方法だと、確かにトイレと玄関の向かい合わせ(一般的に風水ではよくない)を避けられるようですが、入り口が狭くなってしまい、肝心の気が入りにくくなってしまうという大きな欠点を伴っCIMG1326ていました。

そこで私は、まず、施術室の入り口を広く取り、右(上)の写真でわかるように、ドアを開けてまっすぐ前に進んでから中に上がるようにしました。入り口脇のグリーンはトイレからの悪い気を転化させるために配置しました。

 

 

CIMG1324

また右(中)の写真のように、施術室の奥に衝立を儲けてその前に丸テーブルを置き、気が巡りやすいようにしました。

テーブルに飾った蘭の花は葉が剣を表し、花が福を呼び込むという縁起も担いで配置し、この場によい気がめぐりやすいようにサポートしています。

来院されたお客様を出迎える、この場の「顔」としてもとてもいい感じです。

CIMG1327

生命力を上げるという意味のある開運竹(ミリオンバンブー)を風水ではとても重要な座山(部屋の背中側)に飾ります。これは座山の意味を強め、運気を上げていきます。

その場所によって、効果の大小はありますが、このように気の流れを整え、ちょっとした配置を行なうことで、風水効果を上げることが出来ます。

今回はどんな効果が現れてくるか、私も楽しみです。