風水気学研究所(御堂龍児事務所)

風水とは、大地を流れる<気>を読み取り、コントロールする技術であり、自然と人間の調和を考える「共生の思想」なのです。

アメリカの風水

アメリカの風水

アメリカへは私はまだ二回ほどしか行ったことがなく、代表的な場所しか見たことがありません。
そんな中で、私が見て廻ったアメリカの山はまだ形成されている途中であり、これからさらに変化していき、完全な龍脈と龍穴が出来上がるまでには、五、六〇〇〇年とか、一、二万年というとてつもない時間がかかるなぁ、という印象を持ちました。現時点ではアメリカの風水はまだまだ荒削りなのです。
しかし、ロッキー山脈から流れてきた大地の霊力(パワー)が、この広大な土地の中に流れてきて、いく重にも重なった花が咲くように開く巨大な龍穴の気は、中国大陸でも見たことがないものでした。
その中でも代表的な場所はというと、アリゾナのフェニックスやワイオミングのイエローストーン国立公園そして、ガネット山という標高四二〇二メートルの山、それからその祖山となるグラニット山(標高三九〇一メートル)があげられましょう。

1_1a

こういう場所は、その土地自体が大きく息をしながら、余分な贅肉を落としている時なので、龍脈の形がちょっとイビツなのです。また通常は祖山が高く、龍穴のある山の方がだんだんと低くなってくるのですが、ここでは山脈自体がまだ動いているために、逆となっています。祖山となっているグラニット山の方が低いのです。
例えば標高四一九六メートルを誇るグランドティトン山はイエロー国立公園に隣立し、この山麓自体も一つの国立公園となっていますが、実はこの山は、この辺り一帯の祖山となっていながら、その実、自身が特殊な穴場となっているのです。神秘の龍穴である〝天上穴″をいくつも懐に抱える仙人の山なのです。

1_1b

さて、アメリカといえば栄光と悲しみのケネディ一家をよく思い起こします。
彼らの墓所は、ちょうどアパラチア山脈からの龍脈が河を看て地に潜り、その後、頭をあげたところであるアーリントン国立墓地(ワシントンD・C 南西ヴァジニア州アーリントン郡)にあります。そしてピッタリとは言えないまでも、ほぼ龍穴の上に位置していますが、悲しいことに龍脈の中の肝心なところが道路の開通とともに切られてしまったのです。
龍脈の肝心なところといっても、皆さんにはわかりにくいものでしょうが、要は龍脈の息をしているところなのです。
捕鯨漁の人たちが、巨大な鯨を仕留める時に、一発で息を止めるための急所があります。人間で言えば、頭の後ろの方でしょうか。頭の前部である額を思い切りぶつけても目が回る程度ですが、後頭部をぶつけると気を失うことがあります。
大地の龍脈にもこれと同じように急所があると考えて頂ければわかりやすいと思います。大地の霊力(パワー)の溢れる龍穴に住まいや先祖を祀る墓所があれば、一国を治めるような人物が出てきますが、後にその脈が切られてしまうと、その一族は社会的に高いところにまで上がっているだけに、その最後は悲愴です。
さて、アメリカで代表的な都市はニューヨークとロスアンゼルスです。ロスアンゼルスでは、ビバリーヒルズが超裕福層の住まいが多くあります。このビバリーヒルズは先のローマの丘と同じく、幾つもの丘が重なってできた街なのです。ざっと数えて五つの丘がありました。なるほど桁違いにリッチな資産家が集るわけです。
日本でも、東京の麻布周辺や、関西の神戸山手や芦屋の六麓荘がこれに似た地形です。しかしながら、大きく違う点は、ビバリーヒルズの龍脈は大きくうねり、それぞれの丘が独立したものとなっているのに対し、麻布や神戸山手ではそのうねりの力が足りないということでしょう。

1_2

ニューヨークはアメリカを代表する都市であり、アメリカの生命とも言える都市でしょう。地図を見てください。ここも不思議な形をしていまます。遠くロッキー山脈から流れてきた大地の気が最後に頭を上げた形となっていて、ちょうど龍が手を伸ばして、宝珠を取ろうとしている形です。この宝珠とはマンハッタン島です。
大自然の変化とは実に不思議なものです。このような地球の生命の力の働きによって大地は動き、気の遠くなるような時間をかけてひとつの形を造っていったのです。
風水学には、「形あるところに意味が生じる」という原則があります。宝珠を取ろうとする龍の形をしたニューヨークシティー、この宝珠こそがまさしく富と繁栄の象徴なのです。

»