風水気学研究所(御堂龍児事務所)

風水とは、大地を流れる<気>を読み取り、コントロールする技術であり、自然と人間の調和を考える「共生の思想」なのです。

日本のアルプス立山の風水

日本のアルプス立山の風水

素晴らしい大自然、立山
立山はケーブルカーとバスで一気に二千数百メートルのところに上がれます。二千メートル以上の山では、空気が街の中とは違うのはもちろんのこと、空の透明度も流れる川の水の透明度も、そして気の感覚も全然違います。
そこはまさに異次元なのです。この魅力に魅せられて、今年も登ってきました。今年はおよそ10名の仲間たちと一緒でした。紅葉が見られるかな、と楽しみでしたが最近は紅葉になる前に雪になってしまうそうです。

さて、これから私が案内するのはこの立山の最高峰、大汝山です。下の写真の真ん中の頂が大汝山となります。右の頂が雄山、左の頂が富士ノ折れ立てです。この三つの山を総称して立山と呼んでいるのです。
大汝山は標高が3、015メートルです。

tateyama1

汗をかくことおよそ三時間。
先ほどの写真とは打って変わって、殺伐とした風景になってきました。日本アルプスでの森林限界はおよそ2、500メートルなので、もう草木は生えず茫洋とした岩ばかりの景色となってしまうのです。
今のこの景色は、実は立山から這い出した龍脈が造っている景色なのです。写真中央の伸びだした山の嶺イコール龍脈なのです。これは3、015メートルの大汝山から発しています。
その出元の脈は「午」で、天元龍という強い気の流れです。これが途中で「卯」になって、さらに「艮」からひねって剣岳に入って、巨大な龍神の山となったのです!

tateyama2

この山が映画「剣岳」で有名になった山です。
映画の後には誰も彼もが、登りに来て落下事故が絶えなかったと聞いています。
無理して登らすとも、見ているだけでも十分に貫禄のある山です。
実は、この3、000メートル近い山の上の、剣岳を望む地に、そよそよと落ち葉が舞うように天からの気が降りて来る地をみつけたのです。
もっとも、ここでは一年のうち7月の中旬まで雪が積もっているので、その気を感じられるのは期間限定です。去年は7月に来たので雪に埋もれていて見つけられなかったくらいです。
こんなに高いところでも、大きな龍脈はうねり大地の気の流れは息をしていますから、当然に地面から生気が溢れてくるものです。
こういう龍穴は、天上穴と呼び、かつてはお堂や祠を建てることのみに使われたのです。
剣岳の上にも祠が建っていますが、これは天上穴とは言いません。龍穴とはまた違う種類の力です。
今回は、このホームページリニューアルを記念して、その場所の近くのパワー溢れる写真をダウンロード出来るようにしています。こういう場所に行くのはなかなか大変なので、写真だけでもどんどん皆さんに、身近に楽しんでいただきたいと思います。

tateyama3

この素晴らしい場所では、私たちは静かに瞑想をすることができました。
その間、何か異次元に入ったような、ぐっすりと深く眠れたような、何というかとろっとした空気に包まれたような感覚を楽しむことができました。こんな超感覚の世界を感じられるのが、本当の龍穴であり、パワースポットなのです。今回の仲間も大喜びでした!

そして何よりも、こんな地が楽しいのは、不思議な形をなした雲が漂っていたり、夕焼けや朝日の上がる前の空の色のこの上もなく美しいことです。
人はこんな時に、無意識ながら大自然の心と力とにつながっているのです。

tateyama4

« »

コメント

  • 奥琵琶湖の人 より:

    はじめてコメントをさせていただきます。
    『日本のアルプス立山の風水』の写真を見ると風水のページなどに紹介されている「木」をあらわす山が多いですね。
    やはり、これらの山々が日本のアルプスといわれる所以でしょうか?
    ちなみに私が住んでいる奥琵琶湖の某所の近くの谷も、
    「奥琵琶湖の某所の家」の写真の家の背後の辛の方角にある山や、その山の反対側の「奥琵琶湖の紅葉」のページの「奥琵琶湖の紅葉風景-1」の写真の山のように風水のページなどに紹介されている「金」をあらわす山が多いです。
    この谷の景色も「朝の雲海」のページや、「奥琵琶湖・新春の朝焼け」のページのように日本のアルプス立山に負けない?素晴らしい?景色を見ることができます。